株式会社 村上衡器製作所

サブミリグラム分銅

 IMG_1988-4
概要

現在、分銅に関する国際勧告 OIML R111-1:2004 及び国内規格 JIS B7609:2008 において規定されている分銅の最小質量は1 mgです。一方、研究室や製造ラインで使用されている電子天びんは、1 mg未満の測定能力を持つ機種が数多く存在しています。電子天びんの性能管理は測定範囲に相当する標準分銅を使用するのが原則ですが、現在は1 mg未満の質量範囲、すなわちサブミリグラム範囲の管理を直接的には実施できないのが問題となっています。(株)村上衡器製作所は、規格の先を見据え1 mg未満の質量標準をチタンで実現しました。

特徴
  • 耐食性に優れた板状のチタン製です
  • 0.5mg、0.2mg、0.1mgのセットでケースに収納されています
  • サブミリグラム分銅を扱いやすいクロスピンセット付です
  • 検査成績書、トレーサビリティ体系図を添付しています
  • A2LA(American Association for Laboratory Accreditation)の校正証明書も別途費用にて発行可能です
仕様
公称値
0.5mg
0.2mg
0.1mg
最大許容誤差
±0.0020mg±0.0020mg±0.0020mg
拡張不確かさ
±0.0007mg±0.0004mg±0.0004mg
形状
五角形
四角形
三角形
材質
チタン
チタン
チタン
数量
1
2
1
付属品
クロスピンセット、専用ケース
添付書類
検査成績書、トレーサビリティ体系図
価格表
品名
標準価格
備考
計1mg(0.5mg / 0.2mg×2 / 0.1mg)
¥70,000
アルミ製クロスピンセット付、セット用樹脂ケース入り
0.5mg単品
¥20,000
樹脂ケース入り
0.2mg単品
¥20,000
樹脂ケース入り
0.1mg単品
¥20,000
樹脂ケース入り
アルミ製クロスピンセット
¥8,000
先端:カーボン
セット用樹脂ケース
¥10,000
付属品無し