株式会社 村上衡器製作所

会社沿革

 

当社の事業は今から約120年前、明治22年11月初代(故)村上佐助が、当時旧幕時代からの秤座へ技術見習として入所したことに始まるものであります。同所に於いて技術見習後、独立営業を決意し、明治39年2月28日、時の農商務大臣より衡器の製作免許を受け、大阪市福島区に分厘桿秤専門製作の個人営業として創業しました。

二代目(故)村上佐助(襲名)は大正14年4月より家業に従事し30数年の間、製品の改良、考案に努力すると共に、従業員の養成と販路の拡張に努力し、信用に、設備に、製品に、販路に確固たる地盤を築くに至りました。

戦後世情に適合したる企業たらむべく法人組織に改組し、昭和23年5月14日、株式会社村上衡器製作所を設立し、二代目(故)村上佐助が初代の代表取締役に就任し、経済変動の激しいなかを堅実な歩みを続けました。その間昭和30年には計量関係功労者として通産大臣表彰を、また昭和32年には黄綬褒章の栄誉を享けました。
昭和36年には一段の発展と能率の増進に、企業近代化の第一歩を踏み出し、設備の改善と、施設の拡充に努めましたが、その成果を見る事を得ず、同年11月2日急逝しました。(正六位勲五等双光旭日章を追賜される)

三代目(故)村上和雄はその意志を継いで就任し、その完成に努め着々とその成果を挙げ、昭和 39年には計量関係優良事業所として、昭和57年には産業功労事業所として、昭和59年には産業功労者として大阪府知事表彰を、平成元年には通産大臣表彰を、また平成7年11月に藍綬褒章を、平成12年11月に勲五等双光旭日章の栄誉を享けました。

平成23年3月には現代表取締役 村上昇が就任し、より一層の企業近代化と発展への努力を続けています。

創業以来父子四代にわたる不断の努力と苦心を重ね、今日まで100余年の永きにわたり、衡器専門業者として順調な発展を遂げ、衡器と名のつくものは、大は大型天びんから小は上皿天びんに至るまで各種の衡器を製造、販売し、特に上皿天びんの生産、販売に於いては業界随一の実績を納めています。

特に学校に於ける理科教育、産業教育の振興が重視され、これ等教育設備として弊社の各種天びんは広く各学校に大量に納入され、科学教育の振興に大きく貢献しております。

また新計量法のもと計量標準供給体制に基き、平成8年6月には通商産業大臣より質量区分(分銅・おもり)の[認定事業者]としての認定を受け(認定番号0066)、さらに平成15年2月には日本で初めて質量区分(はかり)の[認定事業者]としても認定を受け、分銅・おもり・はかりにJCSSロゴマーク付の校正証明書を発行できる校正業務を開始しました。

平成12年12月には、分銅・おもり及び付属品の設計・開発、製造及び付帯サービス(修理、校正サービス)の範囲で品質保証の国際規格であるISO9001の認証を取得し、さらに平成21年11月には、新JISマーク表示制度における「分銅」の認証を日本で初めて取得しました。信頼と安心のJISマーク付分銅を供給できるようになり、より顧客に信頼される製品づくりに努めております。

海外市場についても、台湾、香港、シンガポール、マレーシア等東南アジアを初めとし、イギリス、ドイツ、ベルギー、スペイン等ヨーロッパ各国、アメリカ、中南米、オーストラリアと世界各国の学校教育及び病院、研究所の実験用として輸出され、年々その需要は確実に増加しております。

古い歴史と伝統に併せ、優秀な技術を加え、全社員の固い団結のもとに、さらに新製品の開発、研究に努力を続け、益々高度化する産業界に貢献しようとするものであります。

 

村上式上皿天びん 500g 1kg 型_result

昭和20年代の村上式上皿天びん


社歴年表

1906年2月 大阪市福島区にて個人営業として創業
1943年 頃 戦時下の政府命令により大阪市旭区に移転
1948年5月 株式会社 村上衡器製作所 設立
1996年6月 JCSS認定事業者(分銅等)認定取得
2000年12月 ISO9001 認証取得
2003年2月 JCSS認定事業者(はかり)認定取得
2009年6月 新社屋 大規模改築 完了
2009年11月 JISマーク表示制度「分銅」認証取得
2016年9月 大阪ものづくり優良企業賞2016 認定受賞